Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
オンナはあなたが思うほど暇じゃない
0

    近所の神社の例大祭に参加すると、自治会の役員さんが、自分の担当行事の案内を持ってこられた。この先、寒くなるころまでは地域行事は目白押しで、婦人会も呼ばれることが多くなる。というか、すべてに呼ばれる。

     

    自治会の役員さんは、行事ごとに担当が割り振ってあるが、婦人会はそういったチーム分けができないため、すべて会長が窓口になり、やむを得ない場合を除き、出席することになる。

     

    「婦人会長さん、大変だね。ほかの役員さんと分担したらいいのに」と地域のある団体の代表のかたが声をかけてこられた。そうしたいのは山々だが、婦人会は会員が800人弱あるにも関わらず、それを意識して暮らしている人はなく、運営は役員の26名で行っているわけで、1つの行事に婦人会から10名とか、普通に動員をかけられるため、分担は物理的に不可能なのだ。

    「分担しないと、あとが育たんよ」とも言われたが、残念ながら、私の任期が終わるとき、すべての役員の任期も終わり、あとを引き継ぐのは、まだ役員に当たったことのない人に中から選ばれるのだから、育てようがない。私にできることは、今年度の行事にひとつでも多く参加し、経験し、それを見れば対応に困ることのないマニュアルを作って残していくことくらいだと思っている。

     

    それにしても、婦人会の役員の多くは仕事を持って働いていて、平日の昼間、動ける人間はほとんどない。幸い、私がぷらぷらしているので、対応できているが、俗にいう「当て職」のようなものは、容赦なく平日昼間の動員を求める。そこに配慮があれば、仕事を持っていても、婦人会の役員が務まり、婦人会という組織が、これほど各地域から消えていくことはなかったのではないかと思う。

     

    男性に比べ、女性のライフスタイルは10年前と大きく変わっていて、今も変化を続けているという事実を、女性の力を活用したい立場にある男性の皆さんにぜひ認識していただきたいと思う、今日このごろ。

     

     

    そして夫婦においても、家庭の中で自分が優位に立っていられる理由を、夫諸君には考えてもらったほうがいいかも。その「優位に立っていられる理由」はいつまで有効ですか?

     

     

     

    にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 地域活動へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ
    posted by: ayabeyumi | 夫婦のこと | 23:37 | comments(0) | - |