Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
「食」に向き合う
0

    あけましておめでとうございます

    本年もよろしくお願いいたします

     

    この年末年始は、その臨場感もないままに、いつの間にか過ぎ去った感じ。

    ただ一つ違ったのは、おせち料理をはじめとし、出来合いのものではなく、手料理をテーブルに並べ続けたこと。

    そんなこと、家族のだれも気付いていないだろうが、いつもの年末年始なら、注文したおせちが年末に届き、伊達巻や焼き豚など、切ればそのまま食べられるもので冷蔵庫はいっぱい。正月に皆が揃えば、出前のお寿司を囲んでいるところだ。

     

    かといって、家族団らんの時間を削ってキッチンに立っていたわけでもなく、31日まで、いつもと変わらず、好きなところへ出かけ、好きなことをし、年末から「逃げ恥」の再放送をがっつり鑑賞し、疲れたわぁと、半日もこたつでゴロゴロしていたり、いつもと変わらず、いや、いつも以上にゆっくり過ごした。結局、掃除はする気にならず、これはできなかったのではなく、しなかったのだけれど。

     

    昨年の後半、自宅以外でお料理をする機会が多くあり、食に関する情報に触れ、市販の加工品に保存料や着色料など添加物が多く含まれていることに意識が向く。もちろんそれまでだって薄々は気づいていたけれど、自分で作るのは面倒くさい、手間がかかる、時間を取られる、と、便利で手軽なものに頼り切っていたのだ。元来、お料理が好きではないという要素が大きく関係しているだけれど、これも、だれかと一緒にお料理すると、案外楽しかったり、面倒くさいと思っていたもの、家では作れないと思っていたものが、ちょっとした工夫や便利な道具を活用して簡単にできるということを教えてもらったりして、ハードルがずいぶんと低くなった。

     

    家を出ていた息子たちも帰省した2日の夜。テーブルを囲んだ総勢10名。春巻き、唐揚、エビフライとがっつり揚げ物のオンパレードに加え、チーズタルトのデザートまで手料理でもてなす。息子たちの大好きな伊達巻も、いつもの紀○のあまあまではなく、手作りのあっさり味を、長男が喜んで食べたので、ほかの息子たちも「甘くない」ことに違和感を持たずに食べてくれたし。

     

    急にお料理好きになったりはしないけれど、作れるものは作る。

    原材料に不安も抱きながら出来合いのお惣菜を買うよりも、そりゃ、見た目も味も、万人受けはしないかもしれないけれど、安心安全な食を家族に届けたい。

     

    にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 地域活動へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ
    posted by: ayabeyumi | 日々のくらしのこと | 10:34 | comments(0) | - |