Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
少年期の指導の結果は、上の年代で見えるもの。
0
    JUGEMテーマ:少年サッカー

    少年サッカーに携わるものは、少年期に結果を見たいと思う。6年生でそれなりの結果を出せたとき、自分の指導は間違っていなかったという安心感を得られる。

    でも、これは指導者の自己満足ではないか。

    結果ってなんだろう。
    勝利をあげること?大会で勝ち進むこと?

    サッカーをする子どもたちにとって、少年期はスタートライン。結果を求める時期ではない。
    もし求めるなら、勝敗ではなく、「子どもたちがどれだけサッカーを好きになったか」ではないか。

    もちろん数字の結果を求めることをすべて間違っているとは思わない。
    勝利の喜びは、確かにサッカーを好きになる理由のひとつだから。

    でも「理由のひとつ」に過ぎない。

    勝利を求めるあまり、試合にはいつも決まった選手しか出られない。今の子どもたちは悪い意味で、諦めがよいので、その状況を受け入れてしまう。自分より上手な子がレギュラーとして試合に出場し、自分がいつもベンチにいることを、当然のように受け入れてしまう。

    その子の中には、いろいろな思いがある。

    試合に出たい。
    でも、自分はへたくそだから仕方ない。
    出してもらえたら、うれしい。
    でも、試合に出て、失敗して、自分のせいで負けたらどうしよう。

    ある指導者が、自分が出たことでチームが負けたら、その子が深く傷つくから、と言った。
    一見、思いやりのある言葉に思えるが、これは、チームが勝つことを最も重要なことと考えている証拠だ。負けることをよしとしない指導者の考えの表れだ。

    勝ったか負けたか。

    指導者にとっては、勝った試合のフォローのほうが圧倒的に簡単だ。
    負けたことで少なからずテンションの落ちている選手をどう奮起させるか。その経験を次にどうつなげていくか。難しいが、子どもたちが大きく成長するためには、そちらのほうが重要だ。

    自分はへたくそと思っている選手が、上手になろうと努力をすること。
    失敗を恐れて試合に出たがらない選手が、チャレンジしてみようと気持ちをあげること。

    へたくそだけど、オレは誰よりサッカーが好き!

    っていうのもありで、少年期の指導は、そういう子どもを数多く育てることが重要だと思う。少年期に「好き」を手に入れれば、ジュニアユース、ユースと年代があがって、何度となく壁にぶち当たっても、「好き」だから、その壁を乗り越える努力を惜しまない。

    少年期の指導の結果は、その子が上の年代に上がったときに見えるもの。小学6年生で見える結果は、「経過」でしかない。


    にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 地域活動へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ
    posted by: | 少年サッカーのこと | 09:08 | comments(1) | - |
    こんにちは。
    子ども達にとってサッカーは自己成長できるチャンスの場だと思います。成功や失敗を繰り返しそこで学んでいく。それがやがて大人になった時に必ず力になって帰ってくる。国語や算数で学ぶ事もありますが、サッカーに携わり学ぶ事は沢山あります。少しでも多くの体験を子ども達にさせてあげる事が出来れば良いですね。頑張って下さい。

    株式会社snow mountain
    | masa | 2012/01/25 4:10 PM |