Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
クラブマネジメント
0
    JUGEMテーマ:少年サッカー

    少年団という組織は、もともとサッカー好きの大人が、地域の子どもたちにサッカーをおしえてあげよう!という、案外気軽なスタートを切っているところが少なくなりません。そうでなくても、関わる人たちの多くがボランティアで、自分の休日を指導に当てているという状況が一般的で、指導には熱心でもクラブの運営となると、ちょっと腰が引けてしまったり、物理的に時間がなくて対応できないのではないでしょうか。

    昔はそれでもよかったのです。

    近所のサッカー好きのおっさんが、学校のグランドに子どもたちを集めてサッカーを教えている。

    子どもたちの親は、子どもたちが楽しそうにしていればそれでよかったし、わが子の相手をしてくれる近所のおっさんに、感謝こそすれ、文句を言うなんてありえなかったのですから。

    ところが、サッカー協会にチーム登録をするようになると、団体としての形を固めなくてはなりません。そうなったとき、近所のおっさんからクラブ運営者にならざるを得ないわけです。当然、団体としての社会的責任が生まれてきます。

    それはクラブの体制の話。

    でも、実際はクラブの運営者が感じる責任感よりも、子どもを託す保護者が、クラブに求める責任のほうがずっと大きい。いつのまにか、指導者が保護者に遠慮しているという図が出来上がってしまいます。

    個人的には、運営側は、たとえボランティアでも、子どもたちの大切な時期をともに過ごす大人として、人間的に模範となる指導者であるべきと思うし、保護者としては、指導者を、わが子の面倒を見てくれる近所の親切なおっさんとして、感謝の対象とみていたいのだけれど、今、両方の立場にあって、そういうのは、難しいのだな、と思っています。

    指導者と保護者のあいだのトラブルや、保護者間でのトラブルは、小さいものなら少なからずあるものです。たいしたことではないけれど、結局、そのしわ寄せは子どもたちのところへ行く。それだけはなんとしても避けたいし、それは運営者の工夫で、案外簡単に避けることができると思います。

    ですから、「クラブマネジメント」というところにも、運営側が目を向けなくてはならないのです。小さなトラブルの原因なんて、保護者と運営者の両方の立場にいる私には、手に取るようにわかります。これまでにもいくつか「リスクマネジメント」としてやってきたことはありますが、「運営者として、方針を明確にする」ことに尽きます。

    「このクラブではこういうルールになっています」

    とはっきり明示するだけで、勘違いがなくなり、動きやすくなります。

    私の所属する少年団は、「保護者にお世話になるのだから、保護者に任せる」という考え方が昔からありました。一見、とても理解のあることのように思いますが、「任せる」ということばほど、無責任なものはないと思います。

    「任せる」にしても、クラブの方針を明示してからの話。
    それによって保護者は断然動きやすくなるし、スタッフも保護者に遠慮することなく、方針に沿った活動ができるようになります。保護者同士でも、スタッフから保護者へでも、その方針に沿っていないことをする人に対して、毅然とした態度で、注意することもできます。それによってみんなが気持ちよく活動できるようになります。

    マネジメントを面倒と思わず積極的に取り組めば、実は面倒なことが起きなくなるのです。
    にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 地域活動へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ
    posted by: | 少年団のこと | 08:59 | comments(0) | - |