Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PTAのデメリットをどんなに書かれても
0
    JUGEMテーマ:PTA役員・委員会

    一度PTAに疑問を持ってしまったかたは、なにがなんでもPTAを悪としなければ気がすまないというか、PTAのよいところを書くと、それを打ち消すのが自分の役割のように、コメントくださいます。

    問題意識が高いというのはすばらしいことです。
    自分の身近なことでも無関心な人が多い中で、いろいろなことに目を向け、感じ、自分の意見をはっきり言えること。それは誰でもできることではないと思います。

    でも、悪いところばかりを持ち出してPTAを悪の手本のように言うのはもうやめにしませんか?

    どんなことにも裏と表があります。
    そして裏を表と思っている人もいます。
    そしてそのどちらが正しくて、どちらが間違っているというわけではないのです。
    立場や経験、考え方…同じことでも善となったり悪となったり。


    PTAに疑問を感じた人にはもう悪にしか見えないかもしれませんが、PTAがあって救われた人もあるのです。また、疑問を感じて、まずは自分の身近なところから良くしていこう、変えていこうと努力している人もあります。

    たとえがよくないかもしれませんが、自分の身近にどうも相性の合わない人がいて、その人のことが嫌いでならないとなると、その人のやっていることすべてを悪にとってしまうことってありませんか?同じことを自分の大好きな人がしていたら、それはよいことなのに。

    少なくとも私は好きでPTA活動に積極的に参加していますし、それを伝えることで、図らずも役員になってしまった人も、1年が過ぎたときには「やってよかった」と思える活動ができるといいなぁと思っています。PTAに関われる時間なんて、人の人生の中でほんの短い時間です。それでも、つらい1年よりは楽しい1年のほうがいいに決まっている。

    PTAを否定されるかたたちは、私のようにPTAを楽しむことをゆるしてくださらないのでしょうか?やりたくないのに役員になってしまった人は、ずっと「イヤだ」という思いを抱えたままつらい1年を過ごさなくてはいけないのでしょうか?気持ちを切り替えて楽しく過ごしてはいけないのでしょうか?「つらい」と自ら思うことで、どんどんつらくなり、追い詰められていくのではないでしょうか?

    PTAに限らず、誰でも生きていれば理不尽な目にあうこともありますし、厳しい状況に身をおく時期もあります。でも、どういう状況の中でもそれを楽しめるくらいタフな自分でありたいと思います。
    にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 地域活動へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ
    posted by: | PTAのこと | 23:18 | comments(3) | - |
    すみません。さきほど投稿したコメントに誤記がありましたので
    載せないでくださいますか。
    訂正して再投稿します。

    PTAを楽しむ方をわたしは否定しません。
    ボランティアなので、参加したい方が参加することは参加したくない人が参加しないことと同様、尊重されるべきと思います。

    楽しんで参加すること自体、何の問題もないですよ。

    ただ、参加する意思のない人も尊重してください、と言いたいだけです。

    もちろん、イヤイヤでも参加して最終的によかったという方もいるでしょう。
    わたしもそんなにやりたくて役員を受けたわけではないです。
    それでも自分のやりたいことを提案してやりましたし、それなりの充実感もありました。
    義務と思っていたので、時期を考えて一番余裕のあるときに受けられたこともありますが。

    しかし、いろいろな人がいますからね。

    また、わたしも義務でないとわかっていたら、他のことに時間を使っていたかもしれません。
    PTAだけが、大事な活動、やりたいこととは限りませんから。

    現状では
    地域やいろいろなしがらみのなかで、自分や子どもの生活にしわ寄せがいっても多くの人はいい顔をして役員をやってしまうでしょう。
    断るほうが大変ですから。
    どうしてもやりたくない方は、それなりの理由があるかよほどやりたくないのだと思っています。

    だから、ですね。
    入会するしないを保護者が最初に選択することは、大事だと思うのです。
    そもそも、任意団体ならばお金もとることですし、入会の意思確認は必要なんですよ。

    おそらくyumi1213さんの学校で、もし周知をしましょうという話を誰かが出したら「辞めましょう」になる可能性が高いです。(違ったら、とてもラッキーな学校です)

    学校にとってPTAは便利な存在であり、それを前提に学校の活動が成り立っているようで、全員参加にしないと困る事情があるようです。
    また同じ地区のほかの学校が周知していなのに自分のところだけするわけにはいかないという同調圧力、これもまた全員加入が前提と同様にあるように思います。

    そうした問題はたとえ本部の役員さんでも大きすぎる問題です。

    PTA問題にかかわる方々の働きかけもあって
    文部省からは任意団体と周知するよう通達を出していますが、教育委員会は各学校に伝えないようですね。

    ブログを読ませていただくと、yumi1213さんの単Pは保護者に配慮した活動をされているようですし、たとえ入退会の自由を周知しても多くの不参加者が出ないように思います。(実例があります)

    ですが、学校はおそらく許しません。
    可能な例もありますが、だいたい反対にあいます。

    もちろん、yumi1213さんにそうしてほしいと言っているわけではありません。
    なかなか大変なことになることが予想できますし、するしないも任意ですからね。

    余計なお世話かもしれませんが、PTAの本部にいらしゃる方なので書かせていただきました。

    お気持ちがあれば、
    「素晴らしいPTAと修羅場らしいPTA 」というサイトに体験談が寄せられてるので読んでみてください。
    また、オープンBBSも合わせて。
    ブログへのコメントがきつくなる理由が少しでもご理解いただけると思います。
    ご多忙でしょうから、お時間あれば。

    yumi1213さんが楽しくPTA活動されることを願っております。それがボランティアでは一番のメリットですものね。
    | f.m. | 2011/03/11 9:44 AM |
    f.m.さん、コメントありがとうございます。
    ご紹介いただきましたサイト、おそらくf.m.さんご自身のものと思われるブログ経由で拝見しております。

    子育ての孤独化は母も子も追い詰めます。核家族化、少子化が進む現代こそ、「地域で子育て」が重要かと。その基盤としてPTAを活用するのはよい方法だと思っています。だから私はPTAをぶっ壊すのではなく、PTAを親たちにとって参加しやすく、居心地のいい組織に変えるという方向性で動いています。その中には「強制しない」ということももちろん含んで。

    入退会の自由については、今度、学校側の意見を聞いてみようと思います。
    | yumi1213 | 2011/03/11 9:47 AM |
    私もPTA活動を楽しむ方を否定するつもりは
    ありません。ましてや、PTAを悪の手本だなんて考えた事もありません(^^;)
    ボランティアなんですから、やりたい人が
    どんどんやればいいんです。
    ただ、強制(又は自動)加入には絶対反対します。
    PTAに選択の自由を奪う権利はありませんから。
    私の子の小学校PTAの会長と、この話をした時
    会長は「入退会自由だと周知するつもりはない」と
    言われました。
    その理由は、「周知するとPTAが無くなるから」だそうです。
    私は「周知してもPTA活動をやりたい人は
    必ずいる。私は保護者の善意を信じます」と
    言いましたが、会長は信じられないようでした。
    yumi1213さんのPTAが、保護者の善意を信じる
    PTAになれる事を願います。
    | toto | 2011/03/11 2:42 PM |