Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
毎年入れ替わりの組織(PTA)は引継ぎ事項遂行で精一杯
0
    JUGEMテーマ:PTA役員・委員会

    PTAは任意団体。
    入退会は自由。

    そういって、このブログにご意見をくださったかたがいます。
    そして、そのことをきちんと説明しない学校やPTA関係者を卑怯者扱いです。
    いろいろな考え方がありますから、PTAをなくそうという動きもあってしかりだと思います。ですが、PTAに限らず、任意団体の末端と、その最上部組織のトップを、一緒に考えるのはどうかと思います。

    私たちごく一般の保護者が、直接関わっているのは、末端組織。
    その中で、役員さんも毎年入れ替わり、役員は前年度から引き継いだものを、今年度も滞りなく遂行することで精一杯です。できれば新しいことはしたくないし、よくなるとわかっていても、自分が役員の年ではなく、次年度以降で対応してくれたらいいなぁと思っているかたが大半です。

    そもそもなにかを変えようと思っても、1年目の役員さんには、どうしていいかわからないのが現実でしょう。

    ですから、最初に書いたPTAについての説明をしないことも、意図的に説明しなかったわけでも、隠そうとしたわけでもなく、ただ前年度の役員からの引継ぎ事項に、それが含まれていないだけ、という可能性は十分にあります。わが校は完全にそれです。

    先生方でも、そういった疑問をぶつけられた経験を持つかたなら考えることもあるでしょうが、全員がそういう経験を持っているわけではありません。経験のないかたのほうがむしろ多いと思います。


    私は長年、PTAの本部役員を務めてきましたが、正直、PTAの存在に疑問を持ったことはありません。私にとってPTAの存在がなにか不利益を生むものではないし、先生の聖域とも言える学校で、保護者の立場としてお話しする機会や、子どもたちの学校生活が充実したものになるように、自ら動くことができる機会をもてることを、逆にありがたいと思っています。

    ただ今回ご意見をいただいたことで、同じことをPTAという名前でなくてもすることはできるかも?と思いました。でもPTAに不都合を感じていないのなら、既存の組織ですればいいですよね。

    私が言っているPTAは、単Pのことです。
    実際問題、上の上のそのまた上の上部組織がなくなっても問題ないかと思います。それは私が、その組織の中に属さないので、具体的に何をしているのかということを理解していないゆえの考えかもしれません。

    今、小学校のPTAに所属していて、その上の中学校校区のPTAとは連携が必要だと感じます。小中一貫教育の流れで、小学生の保護者は、中学校が子どもたちにとって安心できる場所であってほしいと思いますが、連携していなければ、なにも言うことはできません。

    もうひとつ上の市内のブロック組織も必要です。
    これは地域性がほぼ同じ環境の中で、ほかのPTAはどのような活動しているか、どうやって問題をクリアしているか、情報交換するのにちょうどいい単位だと思うからです。

    でも私が必要と思うのはここまで。
    市内となるともう地域性が違ってきますし、一緒に何かをするには広すぎます。

    もちろん私たちが単Pで草の根の活動をしている傍らで、市連P、県P以上は、私たちが活動しやすいように制度を作ったり…(よくわかりません)なにか、その立場でしかできないことをきっとやっています。それぞれの立場で、それぞれやるべきことはあるのだと思います。大きな組織のやっていることは、あまり外には見えてきませんし、それがいったいなんの役に立つの?と思うようなこともありますが、元をたどれば単Pから出ていたり、単Pで活動する私たちのためにできている制度だったりということもあるのかもしれません。

    悪いことばかりじゃない。

    悪いところばかりに気を取られていると、大切なものを見落とすこともある。

    どんなことでも裏表はあるのですから、デメリットに目を向けたときには、同じくらいメリットにも目を向けなくては、「偏った意見」となります。

    私がメリットばかりに目がいってしまうのも、偏った意見かもしれません。でも、実際に肌で感じるデメリットはないので、アンケートなど、時折行い、いろいろな考えがあることを知るという行為は続けていきたいと思います。


    にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 地域活動へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ
    posted by: | PTAのこと | 08:14 | comments(3) | - |
    コメントさせていただきます。
    「PTAは任意団体。入退会は自由。」
    この事実を曖昧にしていることで
    起き続けているデメリットは、
    平等の掛け声の下、肉体的又は精神的に
    活動出来ない人にまで活動を強制する
    圧力がかかる。
    そして、追い込まれ心身の健康を
    損なう被害者が後を絶たない 事でしょう。
    亡くなった人、健康を害した人、離婚した人
    被害は様々ですが、これは、PTAという組織が
    保護者の選択の自由を無視した事が
    大きな原因です。
    PTAに好意的な見方をして、「今まで知らなくて
    周知しなかった」としましょう、しかし、これから
    多くの人達がこの事実を知るでしょう。
    知った時にどう対応するか、その時、そのPTAの質が試されるでしょう。
    | toto | 2011/03/10 1:20 PM |
    totoさん、コメントありがとうございます。
    すさまじいですね。
    私は長年、PTA本部役員を続けている中で、個々の事情に合わせた活動ができるよう、いろいろと工夫をしてきました。私は皆が同じことを同じだけすることを平等とは思いません。それよりもできる人ができるときにできることをすることが平等だと思うのです。
    少なくとも今、私の所属するPTAでは、活動を強要するようなことはありませんし、無理に好意的に見ているわけでもなく、メリットがデメリットを上回る組織になるよう、努めてきているのです。
    | yumi1213 | 2011/03/10 10:47 PM |
    先の方もコメントされていますが、任意団体であり、入退会は自由であること隠し、多くの保護者を錯誤させている責任は、PTA全体にも、学校にもあります。誰もがPTAが悪だ、なくなれば良い、と言っているわけではありません。そこを混同しないでください。

    また、役員の方が、役員としての責任を感じていらっしゃらないのも、会員になる際に各会員の意思を確認せず、輪番制、ポイント制などで役員決めをしているデメリットです。役員となるのであれば、自分が果たすべき責任をきちんと理解してから受けるべきです。会長ともなれば、何か問題があれば会長個人が法的に訴えられることもありますよ。組織のトップはそういうものです。
    | ぺろ | 2015/04/26 10:56 AM |